« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

体育祭の季節かー

どうもコンニチハ。ファミー!!笑

みなさんにお届けするネタが何もないなぁ~と思いながら日々を過ごしているかしもと@みなさんも風邪に注意!でゴザイマス。

たくさんのコメントを読みながら、秋季号も頑張っていかないとなーっと思っていたら、

熊工の関係者の方からこんな写真を送っていただきましたヾ(>ω<*)ノ 

Kuma_2 

元エースの隈部智也くん(左)と、元キャッチャーの藤本功将くん(右)です。

今日は体育祭だったそうで、終わった後の1枚撮らせてもらいました。

髪の毛、だいぶ伸びたねー。みんな元気かなー??

ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

秋だなーって思いました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

ご存知ですか?

こんにちは。ライターの石崎です。

今日は高校野球のお話ではないのですが、どうぞお付き合い下さいませ(^Ч^)

私は今日、ホシとは別の雑誌の取材で神奈川に行ってきました。

三菱重工横浜クラブというクラブチームに所属する瀧諒太クン(22歳)の取材でした。

瀧クンはホシのOB選手で、西東京の日大三高出身。

2002年センバツ・2003年夏と、2度の甲子園出場を果たしている選手です。

私が記者になる勉強をしていた頃に出会った選手なので、かれこれ6年のお付き合い。

今回、正式に取材を申し込み、いざ取材へ!!しかし、、、、いやー、ちょっぴりテレくさかったです。なんたって瀧クンは、私が記者のタマゴだった頃を知っている選手ですからね~(今もヒヨッコ程度な私ですが・・・)。

今日も取材をすすめていると「エラくなったもんだよな~」なんて言われちゃいました(笑)

ジツはこの瀧クン、ズバリ私の運命を変えた選手でもあるんですよ。

瀧クンが日大三高を卒業するときに、「自分、この先がんばってイイ選手になります。だから、絶対にイイ記者になっといて下さい。お互い成長して一人前になって・・・その時にボクのところに取材に来てください。そうしたらイイ記事ができますよ。頑張りましょうね、一緒に!!約束しましょう!!」と言って私と握手してくれたのです。

その約束を、瀧クンの言葉を、私は忘れたことがありません。この先もずっと忘れられないでしょう。

大きなピカピカの額縁に入れて、心の中に一生飾っておきたいような言葉です。

瀧クンとの「お互い一人前に!!」という約束があったから、私はここまでこれたのかもしれない。

今日、瀧クンの取材をして、4年前の約束は果たされました。が、まだまだ私は成長途中。

瀧クンの言葉に応えられるよう、私、もっともっと頑張らなくちゃ!!と、改めて思いました。

私はまだまだヒヨッコで、早くニワトリになりたい!!と、時には背伸びしてしまうことがあるかもしれませんが・・・瀧クンと交わした約束を忘れないように、一歩一歩すすんでいきたいな、と思っています。

それと。前回の私のブログに、たくさんのコメントありがとうございました。ものすごく感激しました。

読者のみなさまのコメントひとつひとつが、私の元気の源です。

「こぼれ話、おもしろかったです!」その一言で、私の寿命がのびる気さえします(笑)

読者のみなさま、いつもどうもありがとうございます。私、もっともっと頑張りますので、今後とも甲子園の星ならびに石崎をよろしくお願いします!

なんだか、選挙活動をしている人みたいになってしまいました(^^;)

☆石崎あゆみ☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

秋も深まりましたが…

朝晩は過ごしやすくなりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

高校野球の各都道府県の秋季大会もそろそろ佳境に入っておりますが

この間観に行った大学野球のお話をひとつ。

先日関西六大学リーグを観て来たのですが、

京都産業大のマウンドに、どこか見慣れたフォームの投手が…。

昨夏、甲子園を湧かせた駒谷謙くん(福知山成美)じゃないですか!

今春、京都産業大に入学し、春のリーグ戦でもすでに初勝利をマーク。

今や1年生ながら、期待大の投手なのです。

この日は神戸学院大戦に先発し、6回を4安打無失点に抑え、今季2勝目を挙げました。

今季初勝利を挙げた大阪学院大戦から15イニング無失点と、好調さもキープしています。

「まだまだ力みがありますが、以前に比べて体のバランスも良くなったので球威も増しました。課題はありますけれど、このまま点を取られないようにしたいです」。

と、高校時代と変わらないクールな表情で話してくれました。

昨夏は福知山成美をベスト8へ導き、全日本メンバーにも選ばれました。アメリカ遠征ではあの斉藤佑樹投手とホームステイ先が一緒で、色んなことを吸収できたそう。

でも今はまっすぐ前を見るだけ。「目標は神宮に行くこと。活躍している同世代の選手が多いので、自分も負けたくないんです」。

そういえば、6月の神宮大会では斉藤君だけでなく、同じ全日本メンバーの廣井君(関西国際大)もレギュラーで活躍。プロでは楽天の田中君が2ケタ勝利を挙げ、連日新聞を賑わせています。もちろん駒谷君も黙っていられませんよね。駒谷君の躍進ぶりを、これからちょくちょく観に行ってみようと思います。

大学野球に足を運べば、そんな甲子園OB球児の頑張りを目の当たりにできますよ。

皆さんも、時間があればぜひぜひ球場に足を運んでみてくださいね。

♪さわい ふみ  でした…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

秋季千葉県大会

こんにちは。ライターの石崎あゆみです。

9月22日の土曜日、成田高校の秋季県大会を観にいってきました。

1回戦だというのに、ものすごい観客数!!

それもそのはず、成田の相手は東総工業。いきなりの好カードです。成田を担当している私としては本当にドキドキ・・・。

唐川くんからエースナンバーを引きついだ安村武将くんの先発で試合は始まりましたが、強打の東総工業打線にホームランを浴びてしまいました。

追いかける展開となった成田高校は、出塁はするもののなかなか1点が遠い苦しい試合展開。

後輩の応援に来ていた前キャプテンの西田和也くんは「コイツらなら絶対に逆転してくれますよ!!」と話してくれましたが、結局3対0で敗れてしまいました。

試合後、エースの安村くんは、

「自分がシッカリ投げないといけなかったのに・・・。ボールが全体的に高く浮いてしまって、それを打たれました・・・」と、肩を落としました。

唐川くん・川村くんという偉大な先輩投手陣と比べられ、『ボクも唐川さん・川村さんのように投げなくてはいけない』というプレッシャーもあったことでしょう。

「唐川さんや川村さんのようになろうとしてもダメ。自分らしいピッチング・ボクにしかできないピッチングを見つけて、夏は絶対に甲子園に行きます」と、目に涙をいっぱいためながら一生懸命話してくれました。

話を聞いていた私も、思わずもらい泣き。

安村くんが流した涙は、きっと夏への原動力になるはずです。

試合の後、3年生の西田くん・川村くん・片山くんと食事に行きました。

これからのことや恋愛のことなど(?!)、色々な話をしてくれました。

青春真っ最中!!といったご様子。

高校生って、若いなぁ・・・そう実感させられました。

食事の後、みんなで卓球をしたのですが、ミス連発の私。

アユネー、3センチしか動けてないですよ!!」とみんなに責められました。ご、ごめんなさい・・・(泣)

自分のお腹を触りながら「だんだん太ってきて、たるんできちゃいました。アユネー化してます。ふふふ・・・」と言っていた川村くん。

私のことは、ほっといてください(泣)

こんな話もできるぐらい仲良くなってくれた成田ナイン。

彼らも半年後には新しい世界に旅立っていきます。

それぞれの道へ進み、バラバラになってしまう成田ナインですが、成田で一生懸命野球に取り組んできた2年半は、きっとこれからの彼らを支えていく大事な土台になるはずです。

こんなにもステキなチームと出会えたこと、私は感謝せずにはいられません。

成田のみんな、どうもありがとう

写真は左から、川村直矢くん、西田和也くん、片山拓弥くん。

Photo

☆石崎あゆみ☆

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

更新が滞ってまして…

更新が滞ってまして、大変申し訳ありません。遅めの夏休みやら、なんだかんだありまして…。
その休暇も終わり、昨日、秋季号の編集会議を行いました。内容はまだ教えられませんが、みなさんの意見をふんだんに盛り込んだ企画を検討してます。
コメントでは、ちょっとした論争があるようですね。すべて参考意見にさせて頂いております。
でも、遺恨の残らないようにお願いしますね。

| | コメント (59) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

秋季大会!

みなさんこんばんは。

編集部のモガワです。

秋季地区大会の日程が今日、新聞各紙で発表されました。

来年春のセンバツ出場校を決めるにあたって、

この秋季大会の成績が参考にされます。

センバツ出場権をかけた熱い戦いを、

甲子園の星はもちろん追いかけますよ!

みなさんもぜひ、会場まで足を運んでくださいな。

北海道大会→10月1日から6日間(札幌円山球場ほか)

東北大会→10月11日から5日間(岩手県営球場ほか)

関東大会→10月27日から5日間(宇都宮清原球場ほか)

東京都大会→10月6、7、13、14、20、21、27、28日(神宮第二球場ほか)

北信越大会→10月13日から4日間(福井県営球場ほか)

東海大会→10月27、28日、11月3、4日(静岡草薙球場ほか)

近畿大会→10月20、21、27、28日、11月3、4日(奈良県立橿原公苑球場ほか)

中国大会→10月26~28日、11月3、4日(広島市民球場ほか)

四国大会→10月27、28日、11月3、4日(徳島オロナミンC球場ほか)

九州大会→10月7日から6日間(鹿児島県立鴨池球場ほか)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

覚えてますか?榎下クンです。

プロ野球aiの資料取材で福岡に行ってきました。

ライターのかしもとです。

取材の最終日、ホークスのスタンド取材をしようと1塁側スタンドを歩いていると、どこかで見たことのある顔が・・・。そうだ! あの子だ! あの子に間違いないっ!!

Photo

鹿児島工出身の榎下陽大クンでした。

ひや~!!

うわさには聞いてたけど、かなりのイケメン君!!そぉーーと近寄って写真を撮らせてもらいました。今日は友達と初めてヤフードームにホークス戦を見に来たそうです。

「月曜日で練習が休みだったので。ラッキーでした」

今日は台風で試合が流れた分の「予備日試合」。月曜日にプロ野球が見られるなんてめったにないから、ウレシそうでした♪

今春、九州産業大学(福岡市)に入学した榎下クン。

昨日は九工大に初先発初勝利を果たしました。(内容は5回6安打4失点=自責は1)

春に右肩を痛めて、苦しみましたが、リリーフ登板を繰り返しながら、昨日、ようやく先発マウンドに立つことができました。

「内容はあまりよくなかったんだけど…でも勝てて嬉しいです!」

背番号は「16」。福岡での生活もなれて、学校に練習に充実してるみたいでした。

先輩のムネリンにもメールで「今日、応援に行きます!」と伝えたそうで、この日のムネリンの活躍に「世界一の先輩です!!」と誇らしげでした。

次の目標は神宮のマウンドに立つことなんだって。

全日本で同じ部屋だった斎藤佑樹クンといつか投げあう日が楽しみですね。

取材が終わって記者席に戻ろうとしたら・・・

「なにあの子っ!? 誰!? かわいいわねぇ!!!」と、近くにいたマダムに抱きつかれてしまいました。「はい、九産大の榎下クンです( ̄人 ̄;)」。

ジャニーズの人ではないと、強調しておきました。笑

**かしもと**

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

笑顔の理由って…??

9月に入り、徐々に秋モードに変わりつつありますねー。

全日本遠征も終わり、秋季高校野球地区大会もぼちぼち始まってきています。

で、私は、昨日、先週開幕した大学野球(関西学生野球)に行って参りました。

関西の大学野球でもたくさんの甲子園OB球児が活躍しています。

そのスタンドで、ナント京都外大西の本田拓人君を発見!!

試合が行われていた京都の西京極球場は、学校から近いため

昨日はたまたま観戦に来ていたそうです。

「今日はチームメイトと来たんです。(試合予定の)立命館大に(昨年までエースの)北岡さんもいるので、会いに来たんです(笑)」

やや伸びた坊主頭が、すっかり秋が来たんだなーと感じさせられました。

京都外大西は3回戦で長崎日大を相手に惜しくも敗退しましたが

今も週に2、3回は練習に参加して、次の目標に向けて汗を流しているそうです。

実は、記者はどうしても聞きたいことがありました。

今年はチームの抑え投手として京都大会を勝ち上がってきた本田君。

初戦の常総学院戦、3回戦の長崎日大戦。ともにリリーフでマウンドに立ちましたが

いずれの試合も試合をひっくり返され、決して満足な内容ではなかったと思います。

なのに敗戦後は涙を一切見せず、むしろはじけるような笑顔で甲子園を去っていきました。

普通は、ものすごく後悔するだろうし、泣きじゃくるはずなのに、なぜ…??

そこで、ちょっとキツイ質問かもしれませんが、おそるおそる聞いてみました。

「最後ね、悔しさもたくさんあっただろうに、正直泣きたかったんじゃない?どうして笑顔でられたの…?」

すると迷わずこう話してくれました。

「今までの道のりを考えれば、今夏は甲子園のマウンドに立てただけでも上出来。特に自分は1年生の時は、他の選手には出来ないいい思いばかりさせてもらったので…。悔しい負け方でしたが、それでも±0…いや、1ぐらいのような気がするんですよ。最後に甲子園で終われたのは幸せでしから」

思えば2年生だった昨年は疲労骨折やら不調やらで満足なピッチングが出来ず

「準優勝投手なんて看板はもう下ろしたい」

と、つぶやいていた本田君。プレッシャーはないと口では言い続けていましたが、きっとどこかで重圧をのけるために、もがき苦しんでいたのでしょう。キャプテンになった今年。そしてラストイヤーとなった今年には、並々ならぬ思いがあったはずです。

プロ志望届も提出し、指名がかかればプロ入りも考えている本田君。

指名がなければ、大学進学予定です。この3年間の経験が無駄ではなかったことを

これから立つマウンドで証明して欲しいですね。

もうひとつミニ情報…現在、近大で2年生ながら中軸を打つ藤川俊介君は、広陵で野村君・土生君らが1年生の時の3年生でした。この夏の後輩の頑張りに釘付けだったそうで、

「アイツら1年生の時はおとなしかったのに、めちゃめちゃ成長しましたよ。ピンチでも頼もしかった!よく頑張りましたね」と、かなり刺激を受けたそうですよ。

☆さわいふみでした…

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

秋の再出発なんですね~。

全日本の選手たちも帰ってきたようですね!
佐藤由規クンはアメリカで自己最高の157㎞を記録しました。
みんな、甲子園とは違う、何かをつかんで、帰ってきたんでしょうね!

私は今、取材で福岡に来ています。
テレビを見ていると、佐賀北フィーバーの余波がまだまだあって
「九州に来たんだなぁ」と実感しますよ。
今日(8日・土)15時から、地元放送局(KBC)で、佐賀北の優勝への軌跡の特番があるようです。
取材で見られないのがザンネ--ン!!(/_;)
こーゆうのを東京でもやってくれたらいいのになぁ…と、行き場のない独り言をブツブツ発しています。笑

そんな今日この頃ですが、
昨日、静岡商業の見城監督からお電話をいただきました。
掲載誌が届いたというお礼のお電話でした。

「大野がこんなに載っていてびっくりしました! さらに頑張るよう、伝えておきます」
明るい声でおっしゃっていました。
引退してもなお、鹿児島や北海道から激励の手紙が届くのだそうです。
大野君は今、今月下旬にある大学の推薦入試に向けて、毎日勉強をがんばっているそうですよ。
同時に、週3回はグラウンドにも顔を出して、後輩たちと汗を流しているそうです。

「新チームは秋の大会の1回戦で負けまして…。今度敗者復活戦です。がんばります」と監督。
新チームはなかなか険しいスタートになったようですが、
大野君たちに続く、新しい「せいしょう(静商)」の歴史を、築いていってほしいですね!!

大野君プチ情報アンド、新チーム情報が聞けて、うれしい日になりました。

もう新チームは各地で始まっているんですねぇ~!!!

**かしもと**

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2007年9月 6日 (木)

心に残ったあの球児@読者アンケート

ホシ発売から1週間が過ぎました。

編集部には皆様から寄せられた「読者アンケート」(P110)が続々と届いています☆ 面白かった企画、面白くなかった企画、今後のリクエストなどなど、たくさんの項目があるのに、みなさん丁寧に書いて送ってくれて、感激です。アンケートを1枚1枚読むのが、この時期の楽しみでもあり、次号の企画への活力、材料となるわけです。

さて、このアンケートでもっとも集計が気になる(?)のは「心に残ったあの球児」(3名)のラインナップです。ここに多数名前が挙がった選手が「次号でも取り上げようか…」と。企画の参考になるわけです。(あくまでも“参考”ですが)

3名だけを挙げるのはなかなか大変だと思いますが、アナタが1番心に残っている選手は誰でしょうか?? ブログにご意見いただくのもとっても嬉しいのですが、是非一度、読者アンケートにもお答えいただけたら・・・と思っております☆抽選で素敵な甲子園グッズもあたります。  たくさんのご応募待ってマース!

| | コメント (40) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

全日本合宿にて…

こんばんわ!ブログ2回目出場の沢井史です☆

みなさま、「サマーヒーローズ」は、すでにご覧になっていただいてますでしょうか?

すでに読まれた方、たくさんのご意見や感想、ありがとうございます。

今後の取材の参考にさせていただきますね。

ところで、今ちょうどアメリカで全日本高校選抜の試合が行われていますが

先週、高校全日本の合宿をチラッとのぞいてきました。

ちょうど合宿最終日で、関西大との練習試合をしておりました。

高校選抜チームは5-1で勝利。試合後、少し話を聞く機会がありまして

常葉菊川の石岡君に「誰が一番見た目の印象と違っていたの??」と聞くと

石岡君は迷わず「仙台育英の佐藤由規です(笑)」と言っていました。

石岡君はセンバツで佐藤君と対戦してから、ずっと佐藤君を意識していました。

センバツで優勝した直後「あんなにすごいピッチャーは見たことがない。初戦で佐藤君と対戦して、いきなりあんなボールを見たから、その後どんなピッチャーが出てきても恐くなかった」と優勝の勝因を振り返っていました。そして、夏の甲子園に出てきて甲子園練習の時「また佐藤君と対戦したい?」と聞くと「もうイイです(苦笑)。今度は絶対打てないです」と弱気?な一面も見せていましたが、石岡君にとって佐藤君は特別な存在でした。ブルペンで初めてボールを受けた時も、「球の質が違いすぎます。すごいっす」とあらためて彼のすごさを実感。今回、全日本で一緒にプレーできるのをとても楽しみにしていたそうです。

でも一緒に合宿で寝食をともにしていくうちに「スゴイやつから面白いヤツに変わりました(笑)。話すことが何でも楽しいんです。でも、とてもイイヤツですよ。一緒にプレーできて幸せです」と笑顔を見せていました。

でも、こうやって全日本という場で、一緒にプレーできる選手はほんの一部。「スゴイヤツ」を身近に感じられる彼らは、ホント幸せ者ですよね。

ちなみにその佐藤由規君…。合宿に入る前に、アメリカでは当分食べられないだろうと思い、地元で大好きなお寿司をたくさん食べてきたそうです。でも「ロサンゼルスにもお寿司屋さんはたくさんあるよ」と記者が言うと、「そうですよねぇ~」となぜかガックリしていました。

今頃、みんなアメリカで頑張っているのでしょうか…?

どんな表情で帰国するのか楽しみですね。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

たくさんのコメントありがとう

本当にたくさんのコメントをありがとうございます。

今後のホシつくりの参考にさせていただきますので、思ったことをどんどんコメントしてくださいね。みんなの意見(期待)にどんどん答えられるよう、がんばります!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »